カーネーション部会とは


社団法人日本花き生産協会カーネーション部会は、昭和38年(1963年)10月に農林省から花き生産者の技術の向上及び経営の安定に寄与する団体として認可された公益法人社団法人日本花き生産協会を母体とし、昭和45年(1970年)淡路島で第一回カーネーション主産地協議会が開催されて以来、全国各地での研究会の開催など、カーネーション生産者の技術向上と経営の安定を目的として研鑽に努める活動を続けています。

 

 

 

 

カーネーション部会青年部とは


カーネーション部会青年部は2007年7月に発足しました。会員の対象は20代から40代の若手生産者で、若者独自の視点から今後のカーネーション生産のあり方や経営の方向性、消費者に向けた需要拡大のためのPRなどを模索するために活動しています。
カーネーション部会、ならびに青年部は、カーネーションの生産と供給を通して「豊かで潤いのある社会」の実現、また、「生活のゆとり」を提供したいと考えています。また、日本全国のカーネーション生産者のネットワークを充実させるため、新たな会員を常時募集しております。